浜松で墓石の建立からリフォーム、メンテナンス、耐震工事など、墓石のことなら大場石材にお任せください。
戒名等文字彫刻・納骨時の目地開けについて
墓石建立までの流れ 大場石材の信念
制作実績のご案内 よく頂くご質問
トップページ > 墓石のアフターフォロー > 戒名等文字彫刻・納骨時の目地開けについて

戒名等文字彫刻・納骨時の目地開けについて

※他社建立墓石の場合、ご依頼をお受けできない場合がございます。
お墓の知識③「アフターメンテナンス」についてをご参照ください。
「戒名彫刻」等の文字彫刻は、親族の方が新たにお墓の中に入られる際に、墓石に刻む大切な仕事です。墓石に直接彫り込むため、絶対に間違いがないよう入念な確認作業と段取りが欠かせません。
現地での文字彫刻は石材の状態や天候、湿度に左右される他、墓地によっては当社の文字彫刻機械が搬入不可能な場合等、ご依頼をお受けできない事があります。 余裕を持って、3週間程度前もってご依頼いただくことをお薦めします。
※他社建立の墓石への彫刻については弊社スタッフまでおたずねください。

文字彫刻の流れ

お打ち合わせ

お電話、またはお問い合わせフォームより文字彫刻をご依頼ください。その際に、墓地の場所、法要の日程、
戒名、没年月日、俗名(生前中のお名前)、行年(年齢)をご準備いただくとお打ち合わせがスムーズです。

現地下見
戒名彫り風景

現地で墓石の確認を行います。
戒名を彫り込む位置や、文字そのものについて、
お客様と慎重に 確認しながら進めて行きます。
※下見の際、出張料がかかる場合があります。
※現地調査を伴うお見積もりがご成約とならなかった場合、実費として金5,000円を申し受けます。

文字彫刻の作業
戒名彫り風景

いよいよ文字彫刻を行います。
現地で彫り込む場合と、大場石材の作業場へ一旦引き取らせていただく場合がございます。いずれの場合も墓石に傷がついたり破損したりしないよう最新の注意を払います。

完成
戒名彫り風景

文字彫刻が終わったら、墓石を元の状態に戻して完成です。
石の性質上、戒名彫りは晴れて乾燥した日が最も適しているため、雨や湿気の多い日には作業が行えない場合がございます。
法要の日程が決まったら、なるべくお早めに(3週間前)ご連絡ください。

大場石材が行った文字彫刻の事例

浜松市中区D様
リフォーム前

こちらのケースでは、現地にて直接字入れを行いました。予め、ゴム板に彫り込む字を印字しておきます。それを墓石に直接貼り付け、まずゴム板をくり抜きます。再度接着スプレーで墓石にしっかりと圧着させ、いよいよ墓石に、専用の機械を使って一文字ずつ字を彫り込んでいきます。
彫り込みが完了したら表面の汚れを取り除き、上から塗料を吹き付けて文字に着色を行います。

リフォーム

塗料が乾いたら、ゴム板をゆっくりはがします。
下からきれいな文字が見えてきました。

リフォーム

塗料が完全に乾いたら、完成です。
大切な墓石に直接字を彫り込む作業は最新の注意を払い、丁寧さと正確さを心がけながら行っております。

【戒名彫りの料金/2万円~】
※一般的な戒名彫り(6文字程度)の場合
※目安の料金です。諸条件によって変動あり。
※他社建立墓石への彫刻・加工については弊社スタッフまでおたずねください。